全ての質問

A:

当社カレンダーをご覧下さい。

2018年カレンダーはこちら

A:

当社は試作から量産までお客様のご要望に応じ対応しておりますので、1本からでもお受けすることが可能です。

A:

許容電流はその電線がどのような環境でご使用になるかにより、同じ電線を使用しても異なる可能性がある為、一概には言えませんので実装による試作試験をお奨め致します。

A:

線種及びサイズによりさまざまですが、出来る限りお客様のご要望にそえる対応をさせて戴きますのでお問い合わせ下さい。

A:

リッツ線を繊維巻きにすることにより、線間のスペーサ的役割、リッツ線の結束、形状安定などさまざまな用途があるとされています。

A:

リッツ線は、複数のマグネットワイヤーを撚り合わせた電線です。
単線に比べ細分化されることにより高周波電流になるほど顕著になる表皮効果による損失を抑えコイル特性も良好になります。

Slider